会長メッセージ

                        2017-2018年度 会長

                        大門 勝史

 

 

今年度国際ロータリー会長のイアン・ライズリー氏の会長テーマは

  

          「ROTARY:MAKING A DIFFERENCE 

                                                                                 ロータリー:変化をもたらす」

  です。

 

ライズリーRI会長は以下の優先事項を提唱されています。

 

優先事項:いかに持続可能性を高めるか・・・として

 

  1.クラブのサポートと強化:女性会員、若年会員(40歳未満)の増加

  2.人道的奉仕の重点化と増加

  3.公共イメージと認知度の向上

  4.地球環境の悪化と気候変動に対する対応:ロータリアン1人1本の植樹

 

 を提唱しています。

 

 ライズリーRI会長の2017-18年度のテーマを念頭に、ロータリークラブ活動の基本

 

となる「親睦と奉仕」を実践するために以下の具体的重点目標を掲げたいと思います。

 

 〈活動重点目標〉

 ・会員増強:目標会員数42名(うち女性会員2名)

 ・クラブ財政の強化・健全化の推進

 ・国際奉仕部門への積極的な参加を模索

 ・ポリオプラス・プログラムへの寄付の推進

 ・ポールハリス・フェロー、米山功労者の達成推進

・クラブ活動の地域への積極的な広報活動

 ・植樹事業

 ・阪神第3グループ各ロータリークラブとの連携、親睦の強化

 ・社会奉仕事業(ロータリー寄席)の継続支援

 ・青少年奉仕事業(少年少女ちびっ子野球大会)の継続支援

 ・2018年クラブ創立40周年事業に関する計画策定と準備

 

  上記の活動目標を達成するために関連委員会のみならず会員皆様のご協力の

 

お願いいたします。